ウインドウを閉じる

活動報告

2018年5月19日 平成筑豊鉄道・台湾鉄路管理局平渓線 姉妹鉄道協定締結式



現在、田川伊田駅周辺地区のリノベーション事業として平成26年度から30年度にかけて、総額9億円あまりの社会資本整備総合交付金を投入し、田川伊田駅を中心とした賑わいと回遊性のあるまちづくりを推進しています。更に平成29年度補正予算においては、地方創生拠点整備交付金として、この田川伊田駅舎施設総合整備計画が採択され満額の1億2千万円が交付されました。これらの事業が実行されることにより、近隣地域の活性化や利用者の利便性向上、さらには国内外からの観光客誘致に大いに資するものと期待致しております。
このようなさまざまな地域活性化のための事業やこの度の姉妹鉄道協定締結を契機として、台湾をはじめとする国内外の多くの観光客が平成筑豊鉄道を利用して沿線地域にお越し頂きますことと、日台の今後益々の友好を祈念いたします。