ウインドウを閉じる

活動報告

2017年5月9日
ジョセフ・デトラニ元米国務省・六ヵ国協議担当特使、アレクサンダー・マンスロフ ジョンズ・ホプキンス大学兼任教授との意見交換

東アジア情勢の専門家であるジョセフ・デトラニ氏(元米国務省・六ヵ国協議担当特)、アレクサンダー・マンスロフ氏(ジョンズ・ホプキンス大学兼任教授)と
中国の海洋進出や、北朝鮮の核実験・弾道ミサイルにより緊迫する東アジア情勢とこれからの日米関係の在り方について意見交換しました。